アイテム

「え?このウエイトでも余裕なの?」apt`パワーリフティングベルトが反則級にすごい

更新日:

Amazonに売っているごっついトレーニングベルトなんですが↓

[amazonjs asin="B00NF0KI0E" locale="JP" title="apt'(エーピーティー) パワーリフティングベルト パワーベルト ((S(63cm〜83cm)))"]

筋トレの初心者ですが、トレーニングベルトが欲しくなってきたのでこのベルトを購入しました。

こういった幅の太いベルトは馴染むまでが大変で、身体にめり込んだりして痛いとの噂をよく耳にしたことがあるのですが、

使ってみた率直な感想としては

  • 思っているより早く馴染んだ
  • 品質はかなり頑丈、壊れるイメージできない
  • やばい薬でも打ったっけ?と思うくらいパワーが上がった

こんな感じです。

以下詳しく書いてきます。

 

初日はやっぱり痛かった

使い始めは物凄く硬い。

ベルトの角が骨盤や肋骨にめり込んで痛いんです。

ベルトを締めるだけで痛いのに、腹圧をかけるとさらに痛い。

初日からがっつり腹圧をかけてのトレーニング内容だと骨盤の上辺りがアザになります。でも痛みが残るようなことは無かったので、そんなに心配いりません。

※追記:ベルトをギチギチにしめて高重量を扱うスクワットやデッドリフトをすると、やっぱりベルトの前側にアザができます。しかし痛みは全く出ないのでご心配なく。

 

思っているより早く馴染んだ

購入する前に、Amazonのレビューをくまなく読んでたのですが、一番目についたのが「本皮で硬いので、馴染むまでに2ヶ月はかかる」という書き込み。

「革製品って言ってもそこまでじゃないだろー」とタカをくくっていたのですが、

届いて実際に触ってみたら、それはそれは硬くて「ほんとに2ヶ月で馴染むのかよ!!」と思うくらいカチカチ。

車のタイヤか!ってくらいに硬いし弾力もスゴイので、最初は身体に巻き付けるのも大変でした。

 

しかし、試行錯誤いじってみた結果。

なんと3日ほどで馴染んできました

これには自分もびっくり。

 

馴染ませるためにやったこと

  • 本体をグニグニ曲げたりひねったりしてほぐす
  • 小さく丸めて広がらないようにバッグなどに入れておく

と、これくらいです。

届いたときはカッチカチで、身体に巻き付けるのも硬く感じるくらいだったのですが、この記事を書いた現在(購入して1週間経過)は身体にいい感じにフィットするようになりました。

 

カチカチのベルトを早めに馴染ませる方法

やり方としては、

  • ベルトの端から端まで少しずつ曲げたりひねったりする
  • 丸めた本体に上から足で全体重をかけて乗る
  • 一通り終わったら、丸めて開かないようにバッグなどの狭い場所に固定して入れておく

筋トレ初心者がトレーニングジムに行くときに持っていくもの一覧。僕の場合編

これだけです。

後はジムに行って通常通りに使用しただけ。

気がついたらすんなりと身体に巻き付くようになりました。

なので早くなじませたい場合は、筋トレ以外でもほぐすことが大切だと感じました。

 

馴染むまでに2ヶ月もかかってしまったという人は、純粋に筋トレで使うときだけに曲げたりしてたのでそれくらいかかってしまったのかなと。

保管も伸ばしたまま壁などにかけていると、恐らくずっと硬いままでなかなかほぐれないんじゃないかと思います。

使っていないときも丸めて固定しておくことで、巻きぐせをつけることが可能になる。

結果的に、身体に巻き付けやすくなる。

 

168cm68kgの僕はMサイズでぴったり

適度に締めてこれくらい。娘の可愛いお家が写ってしまいました。

ベルトのサイズはM,S,Lの3パターンありまして、僕は真ん中のMサイズでピッタリでした。

僕はこの状態からギュウギュウにしめて残り穴が1つなので、これから身体がでかくなるのを考えたら最高のサイズ感で購入できたなと思います。

 

ベルト締めるときのコツが「付けたらすぐに外したくなるくらいに強く締め付ける」

それくらいきつく締めるのがポイントです。

 

※追記:この記事を書いてから3ヶ月が経ち、体重は72kgになりましたが相変わらずベルト穴はまだまだ余裕あります。168cmの体重72kgでもMサイズで全く問題ないと思います。

 

品質はかなり頑丈、壊れるイメージができない

米有名ジムのパワーベルトを生産している工場にお願いしてapt'ブランドで作成したOEM製品です。

とAmazonの商品紹介ページに書いてあります。

OEM製品とは

OEM(オーイーエム、英: original equipment manufacturer)とは他社ブランドの製品を製造すること、またはその企業である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/OEM

つまりこの商品は、作りは有名なパワーベルトと同じですが、メーカーが別なので安く提供出来ているのです。

 

そのイメージもあるおかげか、かんなり頑丈です。

ガチガチの本皮なのでちょっとやそっとでは壊れるイメージが湧きません。大げさにいったら一生使えそうなくらい頑丈です。

実際になじませるために、グリグリひねったり上から全体重をかけて乗ったりもしましたが、全然壊れる気配を感じません。

安いベルトだと、トレーニング中の腹圧に耐えられずにベルトが弾けて外れてしまうことがあるそうです。

ベルトが急に外れてしまうなんて、重いウエイトを使っている最中だとしたらかなり危ない。

その点、このベルトなら安心して無茶できるなと感じます。

まあ無茶したら怪我するので、安全に筋トレできるベルトです。

 

筋トレ初心者にトレーニングベルトは必要か?

リフティングベルトと言ったらなんだか筋トレ上級者のものっていうイメージがありません?

僕はそれが強く頭にあったので、筋トレ初めて4ヶ月目くらいまではベルトを一切使ったことがありませんでした。

マシン中心の筋トレだったというのもありますが、無いとキツイなと感じることがそんなに無かったように感じます。

なので筋トレ初心者なら、そこそこの重量を扱うようになるまではベルトは必要だと思いません。

 

筋トレ初心者がベルトを必要とする場合は、腰が不安な場合

筋トレ初心者でも、腰が痛みやすい状態だったりするとベルトがあっていいかなぁと思います。

トレーニングベルトは腰痛防止の役割もあるので腰に爆弾を抱えているならこいつを巻いて筋トレしましょう。

腰痛ベルトみたいな感覚です。

 

ベルトを巻くと、腹圧が高まって横隔膜が上に押し上げられ、背骨が伸びて脊柱起立筋をサポートしてくれます。

きつく巻くことによって、腰回りをガチガチに固めることができるのです。

簡単に言うと、腹筋と背筋の役割をしてくれるようなもの。

ベルトが無くても本来は腹筋や背筋が腹圧を高める効果を果すのですが、高重量になってくると腹筋背筋のみでは厳しいので腰を痛めるのが怖い人は、ベルトを巻くことをおすすめします。

どれだけのマッチョでも高重量になったらベルト巻いてます、高重量を扱うなら腰が不安で無くてもケガ防止のためにも巻いておきましょう。

筋トレでの腹圧のかけ方は腹筋に力を入れるだけじゃない。コツはお腹を膨らまして力を入れる。

 

ベルトの種類

スタンダードなタイプのベルト

よく見るスタンダードタイプがこのゴールドジムのタイプ

GOLD'S GYM(ゴールドジム) ブラックレザーベルト XSサイズ

リフティングベルトと言ったらこのタイプが有名ですよね。

正直僕はこのタイプしか知りませんでした。

 

パワーリフティングの大会でも使えるタイプのベルト

apt'(エーピーティー) パワーリフティングベルト パワーベルト (M(77~100cm))

ゴールドジムのタイプは太くなっている部分が後ろだけなのに比べて、こっちのタイプはぐるっと全部が太くなっています。

腹圧を高めるには幅がより太いほうが効果的ですので、こっちのタイプにしました。

 

しかし、前面が細くなっているからといって効果が薄いというわけではありません。

ゴールドジムのタイプでも全然問題なく腹圧を高めることが出来ます。

ジムでベルトを使っている人を見てみると、この太いタイプを使っている人はほとんどいません。

みんなスタンダードなタイプを使ってます。

実際、ジムで貸出ているスタンダートタイプのベルトを使ったことがありますがめちゃくちゃ使いやすい!

ただ、僕は欲張りといいますか、太いタイプだと公式のパワーリフティング大会でも使用可能と書いてあったで太いタイプにしました。

別に大会に出るのが目標ではないのですが、どうせだったら公式でも使えるような頑丈なものが欲しかったのと、パワーリフターが使っていると思うと、なんだか自分にもパワーを貰えるような気がしたので。

完全に見た目です。ゴツくてかっこいい。

  • ごつい
  • 頑丈
  • パワーリフターも使っている

この3項目が僕の中の「筋肉をデカくしたい」という感情と混ざり合って、購入ボタンを押す決定打となったのです。

 

これからも筋トレするなら自分のベルトを買おう

大きなジムなら、トレーニングベルトの貸出をしていると思います。

ですが、やっぱり自分のベルトを持っている方が利点はあります。

 

自分のベルトを持つメリットとしては

  • 必要なときに使える
  • 自分の身体に馴染む
  • 愛着がわく

まず必要なときに使えるというのはとても大切。

今使いたいと思っても、貸出だと数に限りがあります。

ベルトが無かった場合、戻ってくるのを待つか、ベルト無しでトレーニングすることになります。

軽い重量でなら問題ないですが、重い重量になってくるとケガにつながる場合も無いとは言い切れません。

ケガ防止のためにも、いつでも使える自分専用のリフティングベルトを持っておいたほうがいいですね。

 

自分の体に馴染む、愛着がわくというのも筋トレにとっては良いことだと思います。

自分だけの身体に馴染んだ道具というのはそれは使いやすいものです。

逆に自分に馴染んでいないものってなんだか使いづらい。

ギニュー特戦隊の隊長だって、悟空の身体を借りて戦いましたが充分に力が出せずに負けてしまいました。

元の身体の方がよっぽど戦闘力が高かったし強かったですよね?

自分の身体に馴染んでいるということは、それほどまでに大切なことなのです。

 

この馴染みは貸出のベルトで感じることはできません。

自分にピッタリフィットしたベルトを使いたいなら、自分のベルトを購入しましょう。

 

愛着がわく

これはそのままの意味で、自分のベルトに愛着が湧きます。

筋トレする度に使いますので、これがないとなんだか物足りなく感じるくらい。

筋トレの相棒と言った感じになります。きつく締めなくても装着しているだけで気分が上がるくらいに自分の身体との一体感を感じます。

キャプテン翼くんはサッカーボールが友達でしたが、僕はトレーニングベルトが友達。

僕を腰痛から守ってくれるんだ!

 

巻くときのコツみたなもの

この写真だとものすんごくわかりずらいのですが、骨盤は前下がりになっていますので、ベルトを気持ち前下がりに巻くと調子が良いです。

そうすることによってより強く締め付けることが可能です。

 

巻く位置は骨盤の上に乗るような感じで巻きましょう。

立ったままだと巻きづらい場合は、仰向けの寝てお腹をへこませるときつく巻きやすいので是非試してみてください。

さっきも言いましたが、巻いたらすぐに外したくなるくらの強度で巻きましょう。

マンガみたいなパワーアップを体感できる

格闘漫画って「いやいや、うそでしょ?w」って思うくらいのパワーアップするときありますよね?

さっきまで全然弱かったのに、ちょっとのきっかけでめちゃめちゃ強くなるみたいな。

あの感じを味わえるのがこのベルトです。

80kgでヒーヒー言ってたスクワットがベルトを巻いたら100kg余裕でできました。

これ、なんかよくわかんないけど多分反則です。

[amazonjs asin="B00K3D16J8" locale="JP" title="apt'(エーピーティー) パワーリフティングベルト パワーベルト (M(77~100cm))"]

[su_button url="http://amzn.to/2vrTavg" style="3d" background="#d35806" color="#ffffff" size="5" icon="icon: check"]商品を詳しく見てみる[/su_button]

-アイテム
-

Copyright© 楽しい!筋トレ地獄 , 2019 All Rights Reserved.