トレーニング 減量

ゆるいずぼら筋トレから始めてトレーニングを習慣化するコツ

更新日:

筋トレしてダイエットをしようと思っても、なかなか継続するのは難しい。

結果が出ないと焦ってしまい、健康にもよくないダイエット方法を試してしまったりすることもあるかと思います。

しかし、極端なダイエット方法では効果はすぐに出てもあっという間にリバウンドしてしまう恐れも。。。

なので結局は長期的に減量に取り組むことが大切になってきます。

 

そこで大切なのが「継続すること」です。

でもそれが難しいって言ってるじゃん。といわれそうなので、今回は簡単に筋トレを継続するコツを紹介します。

筋トレを継続し、習慣化することによって健康な身体になり自然に痩せることも可能になります。

筋トレを習慣化させるには

  • 毎日やっても苦じゃないくらいの簡単なものから始める
  • 週1回、1日10分くらいのずぼらな感じから始める
  • だんだん回数と時間を増やしていく

 

僕はこの方法で筋トレを始めましたが、今でも週3,4回で1年弱継続できています。

ゆるい筋トレから始めて今ではこんな感じになれました。

トレーニングを継続することができれば、誰でもなれます。

かるい筋トレから始めて、筋トレを習慣化させれば8割は成功したようなものです。

 

挫折しないためには”なんとなく”筋トレをしてみる

筋トレを挫折せずに習慣化したいなら初めは自宅でできる簡単な筋トレで充分です。

そして、俗に言う「筋トレ」というものじゃなくてもOK

こういうものは後回し

  • 腕立て伏せ
  • 腹筋
  • 背筋

こういったいかにも「筋トレ!」というものは、構えてしまいます。

気分的にも面倒になりやすいので初めのうちはやらなくてもOKです。

 

いきなり本気の筋トレは失敗しやすい理由

トレーニングウエア買って、ジムに入会して、プロテイン買って「よし、やるぞ!」ってなると、筋トレは失敗しやすいです。

筋トレは長期的なものなので、あまりにもスタートダッシュを決めすぎると結果がなかなかついてこずに挫折しがちです。

これから筋トレを始めてみようと思っているなら、自宅でできる簡単な筋トレを”なんとなく”やってみることをおすすめします。

 

1日ほんの少しの時間でもOK

なんとなくやる筋トレなので、行う時間もなんとなくでOK。

週1回、1日10分くらいでも全然OKです。

最初はテレビを観ながらなんとなくできる簡易的なトレーニングで大丈夫。

僕は最初、腕立て伏せを10回くらいしかしなかったので、1日の筋トレ時間は30秒くらいでした。

それでも継続していれば習慣化できます。

 

最初は慣れることがなによりも大切

まずは身体を定期的に鍛える・動かすということに慣れましょう。

僕の経験上、毎日やるぞ!ってなると3日後には「めんどくさっ」てなります。

 

初めは慣れるためにも、気が向いたらやるくらいで大丈夫です。

 

慣れてきたら回数・時間を増やしてみよう

「あれ?筋トレ楽しいな」

「思ったよりも簡単かも」

「もっとやってみようかな」

と思えてきたら、回数・時間を増やしてみましょう。

ここでも注意して欲しいのが、一気に増やさないこと。

楽しさをキープできるくらいにしておきましょう。

週に1回だったのが、週に2回。

1日10分だったのが、1日20分。

こんな感じで少しずつ頻度を上げていきましょう。

 

女子のためのずぼら筋トレ

そんなずぼら筋トレのメニューが沢山紹介されている本がこちらの「女子のためのずぼら筋トレ」です。

本書の特徴

  • ずぼら筋トレのやり方を写真つきで解説
  • 読んで即実行できるものばかり
  • ずぼらな食べかた教室
  • 月経とダイエットのこと

などが詳しく紹介されています。

 

例えばお腹を鍛えるトレーニング

仰向けになり、ヒザを立て、指先が天井を向くように両腕を伸ばす。天井まで手を伸ばすようにして上体を起こしていく。1→2→3→4とテンポよく行うのがポイント。これを8回×2セット行う。

「このエクササイズでは腕を伸ばして腹筋することで、より強度を高めています」

引用サイト:https://www.ei-publishing.co.jp/articles/detail/others-439974/

こんな感じの簡単なトレーニングが他にもたくさん解説されていますので、本を読みながら実践しましょう。

テレビを観ながらでもOKなものばかり。

要するに本当にずぼらな筋トレばかりです。

でも実際にやってみると効きます。

 

さらにこの書籍がおすすめの理由は、ダンベルなどを使用しないということ。

ほどんどが身体ひとつで実践可能です。

 

ずぼら筋トレの本ですが、内容は全然ずぼらじゃなくて

  • 筋トレがダイエットにいい理由
  • 筋トレすると疲れづらい身体になれる理由
  • 筋トレするとリバウンドしづらくなる理由
  • 筋肉痛がある日はどうすればいいか

筋トレガチ初心者のためになることが解説されています。

 

 

 

 

-トレーニング, 減量

Copyright© 楽しい!筋トレ地獄 , 2020 All Rights Reserved.